体救会オフィシャルホームページ。日本体育大学ライフセービング部

  体救会 日本体育大学ライフセービングクラブ NLSC
News & Topics 体救会について スケジュール リンク お問い合せ HOME
現役関連 OB関連 各期関連 大会関連 イベント情報 会員専用エリアログイン

2012/09/29
全日本インカレ男女アベック優勝

 9月22日(土)、23日(日)に千葉県御宿中央海岸で開催されました、第27回全日本学生ライフセービング選手権大会において、男女ともに総合優勝しました。選手はもちろん学生の皆さん、ご指導いただいた先生やコーチ及び本会会員のOBOG並びに関係者の皆様本当におめでとうございます。
 
 特筆すべきは、CPRアセスメントという競技において、男女ともに最高のA評価をいただいたことです。「走る」「泳ぐ」「漕ぐ」に加えて、ライフセービングの原点である「生命を救う」という点で最高評価が得られたということは、ライフセーバーとして必要な「知識」「技術」「体力」とい要素がバランスよく高いレベルにあると同時に、その根幹に「人の命を救いたい」という「心」があったからこそで、日体大ライフセービング部の目指すべき姿が結果として表れたのだと思います。
この姿勢は、昔も今も変わることがなく、心を重んじ、繋いでいただいている先生方やコーチの皆様に感謝申し上げます。

 日体大ライフセービング部は、過去に連覇を重ねた時代もありましたが、それはライフセービングそのものが発展期にあった時の結果であり、成熟したこの時代に、国際ルールに則った大会での優勝は並大抵の努力がなければなし得ない結果だと思い、素晴らしい後輩たちを大変誇りに思います。

 大会に優勝したチームが即ち優秀なライフセーバーであるという単純なイコールではありませんが、優勝チームが語る言葉の重みは大変説得力があり、単なるライフセービング競技に勝利したテクニシャンとしてではなく、人としてライフセーバーの良き模範となるよう更に成長されることを望みます。

(会長)

トップページへ戻る一覧に戻る
本サイトに掲載されている画像・文章等全ての内容の無断掲載・引用を禁止します。
Copyright © Taikyukai All Right Reserved.